2016年06月01日

クマと一緒に生活する方法

 熊が出るとか出ないとか、いろいろ大騒ぎしていますが、私はあまり心配することはないと思っています。むしろ大げさに騒ぎたてて人々の外出が少なくなると、クマたちはどんどん人間の領域に入り込んできます。そちらの方が心配です。

 とは言うものの不安でしょうから、クマに出会った時の対処方法を述べておきたいと思います。熊に出会ったらどうするか? 実は、これといった決め手はないんですよね。なぜならば、クマの知能指数が高いからです。つまり学習能力が高いために、個体によって、クマの性格が全く違ってくるのです。

 私は20年位前に知床半島の山の中で37回昼間に出会っていますが、クマの習性は地域によってまったく違っていました。斜里町側と羅臼町側では、まるで違っていましたし、同じ羅臼町でも一山超えると全くキャラクターが違っているんです。たとえば、民家のある相泊では、犬を鎖で繋いでいるために、クマが犬を食べちゃう事例がありました。しかし、そこから5時間ぐらい歩いていったところの漁師小屋では、犬を放し飼いで買っていたために、クマは犬を恐れて漁師小屋に近寄りません。その漁師小屋は、無人の時にクマが侵入して、ジュースだのお酒だのを食べているにもかかわらず犬を恐れて近寄ってこないんです。面白いのは、その犬というのは、チワワに毛の生えたような豆柴犬なんですよ。

 おもしろかったのは、ルシャというところの漁師たちとクマたちの関係です。そこにはヒグマが大量にいるわけですが、お互い共生して生きていました。目と鼻の先で、クマと漁師が生活しているわけですが、クマたちが、林道に入り込むと、漁師たちは車で追いたてます。クマはすぐ逃げちゃいます。といっても、林道から5メートルぐらい藪の中に入ったら、漁師たちは放置したままです。だからクマたちは、林道に入らないように、 1日中、蕗を食べています。こうして目と鼻の先で、共に生きているわけです。

 こういうことが可能なのは、クマの知能が高いからなんですよね。知能が高いから個体によって性格の差がありすぎる。つまり、クマに対する対処方法というのは、これといった決め手がないわけです。傘を開くと逃げるクマもいれば、逆に向かってくるクマもいます。火を恐れるクマもいれば、恐れないクマもいる。逆に言うと、その知能指数の高さを、学習能力の高さを利用して、クマに対処することもできるはずです。

 知能の高い動物は基本的に臆病です。
 用心深い。

 だからこちらからサインを出して、相手に用心させれば、相手の方で勝手に消えてくれることが多いはずです。もし、出会ったら、動かずに、じーっとにらみつけること。場合によっては戦う事。絶対に死んだふりをしてはいきません。日本においては死んだふりをして助かった事例はないです。これはその昔、たくぎん総研というシンクタンクが、過去の事例を調査して、死んだふりをしてはいけないという結論を出しているんです。たくぎん総研の報告では、鉈で戦ったケースが生還率が高いと書いてました。臆病な動物ですからクマも驚いたのでしょう。

 話わかりますが3歳以上の日本犬が、あれほど排他的で攻撃的なのは、私たちの祖先がクマに対して対処するために改良した結果だと私は推測しています。クマ臆病ですから、日本犬が放し飼いにされているところに近づかなかったと思います。だから訓練した日本犬を放し飼いにしていれば、クマたちは嫌がって近づかないはずです。とは言うものの、今の日本の社会ではそういうことが不可能なので、別な方法をとるべきです。

 その方法というのは、クマたちに何らかのサインを送ることです。例えば、来て欲しくない場所に、電気柵を作るとか、定期的に爆竹を鳴らすとか、徹底した下草刈りをすれば、クマたちは移動せざるを得ません。もともとクマというのは、あまり移動しない動物です。1年を通して、ずっと同じところに生活している。移動距離も、 100メートルとか、せいぜい500メートルぐらいです(秋を除く)。

 あと山菜とりに一人で入る人がクマに襲われる例をよく聞きますが、ほとんどの場合営林署の林道ではないでしょうか? 営林署の林道は、滅多に車が通りません。もちろん一般車も通れませんので、クマにとっては自分の庭みたいなものです。林道の脇には山菜が沢山ありますので、それを親子のクマたちが食べます。子熊と母熊が、林道をはさんで両側にいる場合、そこに人間がきたら非常に危険です。あと、子熊は2頭いるのが普通です。合計3頭が広範囲に散らばって山菜を食べている。そこに人間が入ることは、非常に危険です。

 あと、ヒグマの親子は、 2年くらい一緒に行動します。ツキノワグマも恐らく同じだと思いますが、クマたちは子離れが遅いんです。逆に言うと、子熊でも2年目の子熊がいる可能性があります。皆さんが巨大なクマだと思っていても、それは好奇心の高い子熊の可能性もあるわけです。熊の目撃例の多い年は、そういう若い子熊が大量に出ている可能性もあります。

 で、よく言われるのが、そもそもクマは、あまり移動しないんですよね。秋は別にして、春も夏もそんなに移動はしません。つまり1カ所にとどまって動かないんです。食べてばかりいます。で、そこに突然人間が現れるとびっくりして襲ってくる可能性が出てきます。しかし大抵の場合は、向こうから気がついて、そそくさと逃げていきます。仮に、大きく立ち上がったとしても、どーんと地面を叩いて逃げていくだけです。逆に姿勢を低くして、こちらをじっと見つめている時は危険なようです。そういう場合は、こちらも動かずに、じーっとにらみつけるのが有効のようです。

 あと油断ならないのは、熊も病気をするということ。知床の事例で記憶しているのですが、人間に突進してくるクマがいて、それを打ち殺して解剖してみた事件がありました。そしたら、そのクマは末期ガンだったんです。つまり、余命短いクマで激痛に苦しんでいた。激痛ために冷静な判断ができなくなり、用心深さも吹っ飛んでしまって、人々に突進してきた可能性があるんです。そういう事例もあるんですね。まあそういうことも、頭の隅に置いて、もともと用心深い動物であるということを念頭に、一緒に生活していけばよいのではないでしょうか?

 ある意味、それだけ自然が豊かであるという事なので、これも立派な観光資源です。
posted by ss at 10:39| クマ・熊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

熊を追い払う方法

熊を追い払う方法

 アイヌではキムン・カムイ(山に在る神)とよんでいる熊は、走り・泳ぎ・木登りが得意だと言います。雑食性で、ササ・フキ・キノコ・サケ・マス・昆虫を食べるそうです。それに対する対処を考えてみたいと思います。



《熊を追い払う方法についての迷信》

○俺が犠牲になる!

 熊は動くものを追いかけます。だから「ここは俺が犠牲になる!君はかまわず逃げてくれ!」と友人を先に逃がしますと、熊は逃げて行く友人を追いかけますから貴方は助かります。


○熊を冬眠させる!

 白いティッシュペーパーを散らし、
 寒いギャグをとばすと雪と勘違いして
 冬眠してしまうかもしれません。


○熊に抱きつけ!

 熊は前足が短いから胸元に飛び込めば手が届きません。
 だからお腹に抱きつけば攻撃されません。
 ただし冬眠するまで、ず〜っと一緒にいなければいけませんけど。


○嫁さんの母さんの忠告!

「鮭を十匹くらい持って行きなさい」
「どうして?」
「熊が現れたら、1匹づつ放り投げ、その隙に逃げるのよ!」
「・・・・・」

(けっこうマジで話していたから本人は笑えなかったらしい)
posted by ss at 14:58| 熊を追い払う方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

ツキノワグマとヒグマについて

 日本にはツキノワグマとヒグマがいます。北海道にいるのはヒグマ。走り・泳ぎ・木登りすべて得意です。雑食性で、植物質としてはササやフキなど、動物質としてはサケ・マスや昆虫などを食べます。冬ごもりをしてえさの少ない冬を過ごし、その間に雌グマは穴の中で子を産んで育て、春3月から5月にかけて冬ごもりの穴から出てきます。ヒグマはもともと捕食傾向が強い動物ではありません。

 アイヌ語名は単にカムイ(神)。またはキムン・カムイ(山に在る神)。全道各地に棲んでいますが、姿を見ることは大変難しい。大雪山や日高山脈、知床などの高山帯では、夏から秋にかけて早朝または夕方に姿を見掛けることがあります。また低山でも春の山菜とりや秋の茸狩りのときに出会うことがあります。ヒグマに遭わないためには音を立てるとよいと言われています。ヒグマも人間がこわいので、人間の気配がすると避けるためだとか。ヒグマに出会った場合には死んだまねをするといいとか、木に昇って逃げるとか聞きますが、
無駄でしょう。


ヒグマ
 ヒグマ(羆、樋熊・学名Ursus arctos)はネコ目(食肉目)クマ科に属する哺乳類です。ヒグマは、ヨーロッパからアジアにかけてのユーラシア大陸と北アメリカ大陸の森林地帯に生息しています。
 北アメリカ北西部に生息するハイイログマ(グリズリー、U. a. horribilis)、アラスカに生息するコディアックヒグマ(Kodiac Bear U. a. middendorfii)、北海道に生息するエゾヒグマ(U. a. yesoensis)など、いくつかの亜種が存在します。
 日本では北海道にしかいないので亜寒帯・冷温帯など寒地に生息するイメージが強いですが、過去には地中海沿岸やメキシコ湾岸など南方の温暖な地域にまで及んでいて、人間による開発や乱獲によって減少し、人口密度の低い北方のみに生息するようになったとされます。個体群や亜種の絶滅は過去150年間に集中し、アラスカを除く北米大陸と西欧で著しいです。
 ホッキョクグマはヒグマの派生種であり、生殖前隔離のみが存在します。通常北極圏ではヒグマは陸、ホッキョクグマは海と住み分けていますが、地球温暖化の影響で近年両者の混血が発生しており、懸念されています。

 食性は雑食ですが、同じクマ科のツキノワグマに比べると肉食の傾向が大きいです。シカやイノシシ、ネズミなどの大小哺乳類、サケやマスなどの魚類、果実などを主に食べます。またトラやオオカミなど、他の肉食獣が殺した獲物を盗むことも近年の研究で明らかとなりました。また自分が捕獲した獲物に対して強い執着心を示すため、ヒグマに奪われた物を取り返す行為は危険です。冬季には巣穴で冬眠をします。冬眠中には脈拍、呼吸数が大幅に減少します。この間(通常2月)に出産しますが、出産したばかりの子供の体は非常に小さいです。成体のヒグマにおいては武器を所持したヒト以外に天敵がほぼ存在しないとも言えますが、シベリアでは冬眠中の成獣がトラに捕食された例もあります。

 北海道では観光の象徴的なマスコットとされていますが、地元の人々にとっては野生のヒグマには恐ろしい動物という印象が非常に強く、被害も農作物への被害(夕張メロンなど)から、畜産物、人的被害にまで及びます。明治時代には北海道で多数の人間が襲撃されており、苫前三毛別羆事件のように小規模な天災に匹敵する死者(7人死亡、3人重傷)を出した事件すらあります。ヒトが山中にごみを捨てたりすることで、クマがヒトの食物の味を覚え、人里に出ようとする事案が後を絶ちません。山に帰るよう促していますが、それでも治らない個体は、自治体がハンター団体に依頼して処分されます。そのような個体はいずれヒトを襲うようになる恐れがあるからです。



ツキノワグマ
 ツキノワグマ(月輪熊、Ursus thibetanus)は、哺乳綱食肉目クマ科クマ属に分類されるクマ。特定動物。
 森林に生息します。夏には標高の高い場所で生活し、冬になると標高の低い場所へ移動することもあります。地域によっては冬季に樹洞や洞窟等で冬ごもりを行います。一個体当たりの行動範囲は最大100km²を超える事もあるが個体差が大きいです。行動圏サイズには性差がみられ、雌個体の行動圏は雄個体のそれと比較して小さい場合が多いです。また、個体ごとの行動圏は重複し、排他性は弱いものと考えられます。

 食性は植物食傾向の強い雑食で、春はブナなどの新芽を、夏は主にアリ、ハチなどの昆虫類、アザミなどの草本類、ウワミズザクラなどの液果類、秋は主にドングリ、クリなどの堅果類やアケビ、ヤマブドウなどの漿果類を食べます。

 繁殖形態は胎生で、メスは2−3年に一度、冬に1−3頭(多くは2頭)の幼獣を産みます。ツキノワグマは着床遅延と呼ばれる妊娠メカニズムを持ちます。初夏に受精した卵子はある段階で成長を停止し、冬眠前に母体の栄養状態が良い場合は着床し成長するが栄養状態が悪い場合は流産します。

 飼育環境下では30歳を超えた記録があります。また、野生では28歳での捕獲記録があります。 しかし、近年捕獲されるものでは最高でも6〜7歳程度となっており、駆除圧・狩猟圧が高い事が原因ではないかといわれています。

 近年でのクマの異常出没の原因として、 凶作、ナラ枯れ等によるナラ枯れ損面積の拡大が挙げられます。里山地域の放棄と生息変化、カキなど放置果樹、果樹の大量放棄、残飯、ゴミ、新世代グマの登場などが挙げられます。日本国内における生息数は、2004年および2006年の堅果類の大凶作に端を発する大量捕殺以前は10000頭前後と推定されていました。しかし最近では、平均生息密度が1平方km当たり1頭以下と極めて低い事などの理由もあり正確な頭数の推定は困難です。
posted by ss at 22:26| クマ・熊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする